My H P & Business Blog

  • M. style|Interior Design
    収納を中心とした、インテリアをプランニング致します。 女性目線での住宅をご提案しています。

株式会社サスティス

フォト
無料ブログはココログ

2021年6月 4日 (金)

『自分らしく生きること』

ライフスタイルにフォーカスして、仕事をしていることで一番大切に考えているのが、「人が幸せを感じること」です。

でも、どうすれば幸せな状態になるのでしょう?個人差があると思いますが、自分自身どんな状態が幸せなのか?と考えました。

・自由に絵を描いて楽しむ

・好きな音楽を聴く

・好きな人とおしゃべりする

・散歩して風景を楽しむ

・仕事に集中する

少しでも多く、この様な状態を増やすことが、幸せを感じることにつながるのではないか?そう仮説を立てました。

 

私の場合、私らしく生きることが一番幸せを感じられると信じています。

69e9a67e1fa6469b83924fa98ccb2063

それは、アメリカに駐在していた時のことです。大好きなデザインとアートの勉強を学び直す機会がありました。そのカレッジに通っている時に、人生で一番幸せだと強く感じました。

異国の地でしたが、言葉の壁や年齢の枠を超えて様々な人々との出逢いがあり、親友もできました。

自分らしくいられた、宝物のような時間でした。

Img3723

 

帰国してから、自分らしく生きることが難しいと感じることが多くなり、生き辛さのようなものを溜め込む状況になり、自分を見失いそうになりました。型にはめられる社会が苦手でしたが、どうすれば良いのかも分からなくて、しばらく試行錯誤を繰り返していました。

 

子育て中だったために、「自分らしく…」というよりも「家族のため…」が中心となっていました。世間一般や地方の親戚などは、母親は家族のために生きることが、一番幸せなのだという考え方が主流でしたから、、その間でかなり葛藤がありました。母親になると、家族の犠牲になるの??家族は大事だけど、自分の人生とは違うのではないか?

 

アメリカでは、個を尊重する社会です。初めて会った人に、「あなたは何をしていますか?」と必ず聞かれます。「専業主婦です」という答えはありません。

結局、自分のやりたい仕事を再開させて、数年後にフリーランスとして独立しました。その後も、自分らしくを追求していきました。(笑)

ずっと疑問に思っていたことが、アメリカでの生活から自分の考え方を肯定されたと感じ安心しました。

091f6bb9f4b745fe819df2d665d2e8a0

しかし、ある時期に人生の中で、一番辛い状況に陥りました…自分だけでは、解決できないことでした。思い悩んで、とても苦しい日々が続きました。しばらく時間が掛かりましたが、少しずつ小さな幸せを感じることが、できるようになりました。

 

辛い時に、辛い状況について思い悩んで深掘りしたくなりますが、その時間を幸せを感じる時間に少しずつ置き換えていく…そんなこと簡単にはできないと思われるかも知れませんが、試してみてください。難しくても、何度もトライし続けてください。

私の場合は、それで少しずつ克服できたと感じています。もちろん、日々の暮らしの中で波はありますが、時間の捉え方とこの方法で乗り越えています。物事を俯瞰するイメージで捉え、時間軸を変化させることで少し客観的に捉えられます。

 

ーーーーーーーー

 

『マズローの5段階要求』にある「承認欲求」について。

自分の中で、承認欲求のような欲望が徐々に増してきました。「誰かに認められたい」という思いがとても強くなっていました。今から考えると「低位の承認欲求」だったと…

他の人にどう見られるかではなく、自分が自分を承認できるか?自分の中での喜びや達成感に従って、人生を楽しむ状態になること。。

「高位の承認欲求」は、他者依存的な評価軸から自立して、自分で立てた基準や目標に従った欲求になる。

5段階の1~4のすべての要求が満たされると、最後の段階では自己実現の欲求になります。

 

自分にしかできないことを成し遂げたい( これは、ハードル高め )というよりも

自分らしく生きていきたい…少しでも理想に近づけたい。

「理想とする自己のイメージに合わせる」

そんな生き方を目指していきたいと思います。

D99e4ffe11aa463baa704b1cf48d19e2

 

 

 

 

2021年3月11日 (木)

【ライフスタイルのREデザイン】東日本大震災で変わったこと!!

10年前の3月11日、あの地震から災害が自分ごととして、捉えるきっかけとなり、考え方が大きく変化しました。
 
大震災やその他の災害などが、自分たちの身近なところで起こったら、何ができるのか?
1人で出来ることには、限界があると考えました。
Img2407
地域とのつながりが大切だと感じて、様々な活動について興味を持って、先ずは知ることから始めました。
もちろん、自身にも役立つことがないかと考えて行動しました。
数年間の地域活動を通じて、様々なことを得ることが出来ましたが、、それと同時に、数多くの疑問も感じることが多くなりました。
たくさんの人が関わる、都市部においては目的が様々な人々が集まります。
仲間や居場所を求めている人もいれば、『単なるビジネス』『異性との出会い』など様々です。
 
この人やグループなどの『真の目的』は何か?と、考えることに疲れてきました。方向性や価値観が違うことから、自然消滅して行くこともありました。残念ながら、金銭のトラブル的なこともあり…信頼関係の構築という点を第一に、考えたいと再認識しました。
Img24721055_20210311153501
初心に戻って改めて考えるべきだと思い、シミュレーションしてみた、、
もし、自宅マンションが被災したら、「どこにどう避難するのか?」「けが人や救護する必要がある人々がいたら、どうすれば良いのか?」
そもそも、近隣に助けが必要な人は、「どこに住んでいるのか?」それさえ、分からないのが実情。
 マンションの管理組合で理事を何期が務め、その間に防災訓練を実施しました。まだ、コミュニティ構築の途中段階にあります。
私の住むエリアの広域避難所は、「馬事公苑」になります。
世田谷区の都市デザイン課とNPOが協働して、周辺コミュニティを活性化させる活動をはじめました。私もそのメンバーとして協力しています。近いうちに、同じマンションの方々にも参加していただけるよう、地域活動を続けたいと考えています。
 
10年の区切りを新たなスタートラインと捉えて、次のフェーズへと一歩ずつ歩んで行きたいと思います!!
Photo_20210311153901

2021年3月 6日 (土)

【ライフスタイルのREデザイン】シェアオフィスについて

『自分に合った、シェアオフィスってどんなところ?!』

Img78082172_20210309110801

最近、シェアオフィスが急に増えてきています。法人を立ち上げた5年ほど前に、今のシェアオフィスに入居しました。とは言っても、フリーアドレスの会員になります。

私の働き方は、以前からほぼ在宅ワークでしたから、コロナ禍でもあまり変化がない状況です。何故なら、紙の資料や素材などを数多く使用するために、自宅での作業が中心になります。けれども、時々関係する方との打ち合わせがあるので、シェアオフィスに登録しました。他には、法人としての住所を使用しています。

一番、コロナ禍になり想定していなかったことは、夫の会社も殆ど在宅勤務となったことです。このことで、私の仕事場にも影響が少しずつ出てきています。互いに、オンラインでの会議が入る度に、家のどこで作業するか?その時々で、部屋が変わります。声を出すミーティングなのか?聞くだけで声は出さない、ミーティングやイベントなのか?事前に知らせる必要が出てきました。

 

先日、一番困ったのが互いにとても重要な会議が重なってしまったのです。もちろん、シェアオフィスがあっても機密事項ばかりの内容なので、外部の人に聞かれては困ります。シェアオフィスの会議室を予約することは可能ですが、そこまですることではないと考えました。

結局は、別々の部屋で行いクリア出来ましたが、Wi-Fi環境が少し心配という実情でした。

私の場合は、シェアオフィスの機能を上手く利用できていないのが本音です。

 

《理由》

①情報が漏えいする可能性がある

②本格的な作業には向かない

③事務的手間が増える

④音などで集中できないことがある

 

もちろん、デメリットばかりではありません。他の会社やクリエイター、異業種などの活動について、情報を共有することもできます。

もっと、多様なカタチのシェアオフィスができることを願っています。

Img77732171_20210309110801

 

 

 

 

 

 

2021年2月16日 (火)

塾って何のために?

『塾って通わせていましたか?』

先日、ある方から先輩ママとして相談されました。

遠い記憶を思い出して、そう言えば娘が小学3年頃には数学だけ、近所の塾に通わせていたと記憶している。その後、国語も追加したように思う。

何が正解だったのかは、分からない…高学年には、中学受験のため専用の塾?に週1回で通う状況でした。娘の場合少し特殊で、クラッシック・バレエを続けながらの塾通いで、受験もバレエに関係することで希望の学校があり、そこを第一希望で、受験したいという思いでした。

結局は、学校や塾の勉強とバレエ、文武両道という形で続け希望する学校に入学しました。その後も、ギリギリまでバレエを続けながら大学受験をしました。

大学受験は、第一希望ではなかったけれど、本人や親たちも満足する大学に入学して、充実した学生生活を送っていました。大学でも、クラッシックバレエのサークルに入り、最後まで続いていました。

2de5dc7b21e84337983f03078ed94ee21056

そう言えば、1つだけ不思議だったことがあります。大学の受験科目に、最後まで数学を選択していたことです。もっと、別の選択をしていれば第一希望の大学に行けたのかもしれません。なぜか譲らず、粘り強く勉強していました。

残念ながら受験には反映されませんでしたが、数年後の就活では文系なのに、理系の学生が希望する会社にも複数内定をいただきました。有難いことに、第一希望の会社に就職して働いています。

思い返すと塾がメインではなく、その先にある「本当の目的は何なのか?」が問われている気がします。大学受験もそうです。〇〇大学に行くのが目的ではなく、その先の「将来何になりたい」とか、「何を学びたい」とか、子ども自身が何をしたいのか?それが、一番先にあるべきだと、、

ーーーーーーーーーーーーーーーー

私自身は、塾とか勉強が全く苦手な子どもでした。苦笑

徳島の市街地で、両親が共働きしていたために、ひとり留守番させるのは寂しいだろうと、親が家庭教師を雇ってくれてました。その家庭教師と、勉強もしないで屋外に出かけて、ずっと絵を描いたり自由にしていました。親には申し訳ないけど、とにかく殆ど勉強していませんでした。

いつも、近所の友達と野山でザリガニ・フナ釣りやカブト虫の幼虫を見つけに行ったり、おたまじゃくしを観察したり、つくしやみかんを採ったり、四季折々の色々な体験や発見をしました。

祖母や伯母が暮らしていたところは、徳島の山間の小さな町でしたが、夏休みになると長期間遊びに行けるのがとても楽しみでした。祖母から、里山の暮らし方を体験を通して教わりました。

Img24721055

考えてみたら、いまの都会の子ども達は、この様な体験が出来ていないですね。本当に貴重な経験だったのだと、改めて感じています。娘にもっと経験させたかったと、今更ながら思います。自然の中での遊びから、創造力を学んだ気がしています。

子ども達には、創造力を育む教育が求められている。

社会が劇的に変化している中で、「創造力が豊かな思考」や「自然環境から得る知識」など、幅広い学びが重要だと考えています。そうした土台があった上に、何に興味を持っているのか?周囲が気づいてあげたり、引き出してあげられると良いですね。

私自身、絵が描くのが好きだったことがきっかけで、アートやデザインに興味を持ち、今の仕事に就いていると思います。

今後も自然や祖母から教わった、『体験知』のようなことを都会の子ども達に伝えて行けたら良いと考えています。

 

2021年2月 4日 (木)

シャボン玉で、介護施設の方々に癒しの時間を♪

コロナ禍で介護施設に入居している方々は、外出や散歩にも行けなくなりました。介護従事者の皆さんも、日々の業務の他に入居者の感染予防対策はもとより、自身の感染にも細心の注意をしながらお仕事されています。

この状況が1年以上続き、かなり負担が増していると感じていました。実は、私の母が介護施設に居ることもあり、何かお役に立てることがないかと考えていました。元々、地域の活動でつながりがある、「シャボン玉おやじ」さんの顔がふと思い浮かびました。

Photo_20210204144101

「シャボン玉おやじ」さんは、生田緑地や二子玉川公園など野外でシャボン玉を飛ばしています。タイミング良く、1月に別の介護施設でパフォーマンスを披露したと知り、直ぐに連絡を取り計画を進めました。

介護施設の担当者の方も、快く受け入れていただき2月3日立春に開催しました。

駐車場でパフォーマンスをして、その様子を食堂から窓越しに見てもらう…シャボン玉を鑑賞する条件としては、あまり良くありませんが非接触型なので、皆さん安心して参加できることが最大のメリットです!!

 Photo_20210204150701

つかの間でしたがシャボン玉の演出を楽しみ、皆さん穏やかな表情で楽しんでいただけた様子。。

少しでも癒されたと感じてもらえると嬉しいです。私は横で観ていて、とても癒されました♪ モノではなく、コトを届けられて良かった… また、機会があれば開催したいと思います。

Photo_20210204144201

2021年1月13日 (水)

【ライフスタイルのREデザイン】起業して5年「年の初めに思うこと...!」

Photo_20210113151601

会社を立ち上げる少し前、ただ漠然と世界的に劇的な変化が起きた時を想定して、色々なことを考えていました。

「天変地異や戦争とかが起こったら…?!」1次産業が見直されることになり、疎開するような出来事になるのでは?

そのことが頭のどこかに引っ掛かって、徳島の祖母の空き家や畑を生かして、何かできないかと行動に移しました。

それと同時に、会社を設立したのです。

それから、4年以上の歳月が経ち、コロナ禍で生活は一変しました。

*****

2019年から、次のフェーズへとステップアップする時期が来たと捉えて行動に移し、

弊社と目的や方向性が一致している、団体や企業と連携することを計画して、手探りで様々な連携を試みました。

昨年1月頃に、徳島の地元企業と業務委託を請負う計画が進行していました。しかし、本部の経営方針が大幅に変更となり、計画自体がどうなるのかも分からなくなりました。その影響で、2年間の仕事が白紙となりました。そして、この先どう立て直していくのか?と、戸惑っていました。

ところが、その1ヶ月後にコロナが感染拡大していきました。

いま振り返って見ると、あの仕事が進行していなくて本当に良かったと思っています。現地でも、コロナの影響がかなり大きく、観光事業全体が大打撃を受けています。当時は、結果や成果を上げることばかりに気を取られていたのです。

コロナでしばらくの間立ち止まり、初心に戻り冷静になって、これまでのことを整理して再考しました。

 

①ビッグビジネスは、おじさん達に任せることにする。

②女性目線で自分らしく、丁寧に『ライフスタイルのREデザイン』に取り組むこと。

それが私の歩む道だと、目が覚めたのです。

 

1fce15b1eab24dacad848bf20803f9e5

 

誰かと共に連携していくとしても、0→1創造していくことが重要。「すべて型にはめられる」状況は受け入れたくない。なぜなら、何のために起業したのか分からなくなるから。。大きなものに飲み込まれることは、避けたい。身の丈に合った無理のない、小商いの範囲で…

小商いの方が、小回りがきいて変化に直ぐ対応できるという利点があります。

「共に学び、歩んでいく、そんなコーチング的なスタンス」を大切にしたい。

細く長く、しなやかに続けていきたい。このコロナ禍では、こんな柔軟な進め方が合っていると感じています。

今までのようなビッグイベントや展示会などは、開催自体が難しい状況。

歩ける範囲で、生活圏内のつながりをゆるく構築していくことが、求められているのではないかと…

これから、活動のコアメンバーを探していく予定、、若い世代の人と活動したいと考えています。

先ずは、人の話をじっくり聞ける人。

ビジョンや価値観の共有ができるか?

そのプロセスの見せ方や伝え方を重視する。

柔軟に考えて、軌道修正できる人。

危機管理能力を持つ人。

少数でも、そんなメンバーとやっていきたいと思います。

 

ブログでの発信も不定期ですが、本年もよろしくお願いいたします。

 

Img1856

 

2020年12月 2日 (水)

~ライフスタイルのREデザイン~『私ができるSDGs』

〜ライフスタイルのREデザイン〜
「持続可能な社会を目指した暮らし方」についてご提案しています。

『私ができるSDGs』って何だろう?!

私たち一人ひとりが、少しだけ気をつけることで、未来が変わるかもしれません…

・フードロスを減らす
・ゴミの分別をきちんとする
・ゴミ自体を減らす

先ず私がはじめたのは、「生ゴミを堆肥にする」ことです。スタートして半年が過ぎました。

自分が出す生ゴミが土に還ることで、食品やゴミの分別、モノを買うことにも、意識が変わってきました…!

土や植物に触れることで、自然との距離が近く感じられます。


129107583_3861958580515848_8417449690562
LFCコンポスト・バック式のコンポスト、ベランダで手軽にできます。


128365698_3861959557182417_9125036105454
自家製の堆肥でハーブを植えました。


128566468_3861960313849008_7416927338628
128897446_3861976373847402_2657775954054

コロナ禍で改めて、自然の有難さ・大切さに気がつきました。

2020年9月 9日 (水)

【ライフスタイルのREデザイン】サーキュラーエコノミーとは?②

Img78082172_20200909152401
『Loopが生まれた背景』
テラサイクル社のリサイクルプログラムの目標は、廃棄物のリサイクルを可能にすることです。しかし、リサイクルのために全ての廃棄物を回収するのは不可能ですし、限界もあります。そこで、新たなビジネスとなり、そもそも根本的に“廃棄物”をなくすアイデアを探していたところ、創業者が牛乳配達のような仕組みをもう一度復活できないかと思いつき、そこで生まれたのがLoopです。
 
使い捨て容器が増えた理由はとてもシンプルで、「軽くて」「安く」、そして「便利」だからです。何も洗う必要がなく、ただ捨てるだけですから。結果として使い捨て容器はどんどん増えていきました。もともとは飲料会社も牛乳配達も、みんな瓶で販売していました。スーパーでガラス瓶を買い、飲んだ後にそれをスーパーに戻すとデポジットの5円が戻ってくるといった仕組みです。瓶を洗ったり戻したりするのが面倒くさいという点はありますが、その時点では容器はメーカーのものだったのです。
 
しかし、現在では容器も中身も販売していますので、メーカーとしてはやはりコストダウンのために「安く」「軽く」作りたくなります。また、そのほうが消費者にとってもベネフィットがあります。だからこそ、使い捨て容器を使う人が増えたのです。
問題は、容器を「軽く」「安く」作ったことで原料価値が減り、コストをかけてリサイクルする経済合理性がなくなったという点です。それでゴミ問題が起こったのです。
 
そのため、Loopでは、どのようにこの便利さとコストの問題を解決できるかを考えました。コストについては、10円で使い捨て容器を作るより、50円かけて30回使い回せる容器を作ったほうがコストを抑えられます。テラサイクルでは容器包装会社と協働し、Loop専用の容器の作り方やノウハウをメーカー側に伝えます。また、ユーザーにとっての使い捨ての便利さという点については、一般的なリサイクルやリユースの場合は丁寧に容器を洗う必要がありますが、Loopでは洗わずに捨てるのと同じ感覚で回収バッグに入れるだけでよい仕組みを創りました。
Img9580_20200909152401
『テラサイクルの歴史』
創業者のトム・ザッキーが2002年の大学在学中にミミズの糞を肥料に変えるというアイデアを思いつき、大学を辞めてテラサイクルを設立したのがはじまりです。最初は肥料を商品化したかったのですが、肥料を入れる容器を作るお金がないため、使い捨てペットボトルを回収して洗浄し、その中に肥料を入れて販売しました。この肥料を全国のホームセンターで販売できるようになり、そこで彼は「廃棄物が商品になる」ということに気がつきました。
その後、徐々に小規模なリサイクルプログラムをはじめていったのですが、最も盛り上がったのはクラフトフーズ社との取り組みです。子供たちが学校に持っていく、ストローを挿して飲むパウチのドリンクがあったのですが、これにアルミ箔とプラスチックがついておりリサイクルが難しく、埋め立てしかできないことからクラフトフーズは相当なクレームを受けていました。そこで、テラサイクルがそのパックを加工してリサイクル原料を作り、その原料をアウトドア用品メーカーに売るという取り組みを始めました。回収するドリンクパックの量を増やすために学校に声をかけ、学校から引き取る代わりにテラサイクルポイントを提供するという仕組みも作りました。このプログラムはかなり成功し、クラフトフーズ社にも大変喜んでいただきました。プログラム開始時点にアメリカで1,000億円だった売上が、数年後には特別なプロモーションをしなくてもリサイクルをしたというだけで1,500億円まで伸びたのです。これは、市場が増えたのではなくマーケットシェアが伸びた結果でした。この経験から、メーカーがリサイクルをすれば消費者は認めてくれて、ブランドイメージもアップでき、場合によっては売上にもプラスの影響があるということを我々は学びました。
 
そこから、次々に様々な企業でのリサイクルプログラムが立ち上がりました。最初はスナックフードなど食品のリサイクルが多かったですが、北米からヨーロッパへ、そして2013年にはオーストラリアへと活動が広がり、2014年1月からは日本でトゥルースピリットタバコカンパニーと協働した吸い殻のリサイクルプログラムが始まりました。
その後、日本では2014年から花王と共同研究プロジェクトをスタートし、2015年には詰め替えパックをリサイクルするパイロットプログラムを始めました。最初は徳島県の上勝町ではじめ、その後は鎌倉、女川、石巻で実施しました。他にもロレアル社とは化粧品容器のリサイクルプログラムを、その次はライオン社と歯ブラシのプログラム、P&G社とのクルマ用消臭芳香剤リサイクルプログラムに取り組みました。
まだ、私たちにとって身近な活動ではありませんが、今までのライフスタイルを見つめ直す、良い取り組みだと思っています。
Img74031853_20200909152201
IDEAS FOR GOOD 参照

2020年8月 4日 (火)

【ライフスタイルのREデザイン】サーキュラーエコノミーとは?①

皆さん、『サーキュラーエコノミー』という言葉をご存知ですか?
 
循環経済は、ビジネス、社会、政治にとって重要な、今まさに取り組むべき課題であり、世界経済にとっても優先課題です。
私たちが正しい行いをすれば、循環経済は環境面での重要な利点をもたらすと同時に、コストを削減し雇用を創出できるので事業を大幅に強化することができると言われています。
Photo_20200804162902

そう言われても、私たちの生活にどう関わりがあるのか?ピンと来ない感じがします。
身近な取り組み事例をご紹介します。
「Loop」のショッピング・プラットフォームです。Loopは、「捨てるという概念を捨てよう」というミッションを掲げ、世界20ヶ国以上で廃棄物問題に取り組んでいる米国発のソーシャルスタートアップ、テラサイクル社が立ち上げた革新的なサーキュラーエコノミーのプラットフォームになります。
 
Loopの特徴は、従来使い捨てにされていた一般消費財や食品の容器を繰り返し利用可能な耐久性の高い素材に変え、使用後は消費者の自宅から容器を回収し、洗浄、補充した上でリユースをするという、新しいショッピングシステムを生み出しています。
 
世界中でプラスチックをはじめとするゴミ問題が深刻化し、2019年1月には中国が資源ごみの輸入を禁止するなど、日本国内においても早急な対応策が求められています。Loopは今後日本においてどのような展開を考えているのでしょう?
Photo_20200804162901
日本では、2014年から花王と共同研究プロジェクトをスタートし、2015年には詰め替えパックをリサイクルするパイロットプログラムを始めました。
最初は徳島県の上勝町ではじめ、その後は鎌倉、女川、石巻で実施しました。他にもロレアル社とは化粧品容器のリサイクルプログラムを、その次はライオン社と歯ブラシのプログラム、P&G社とのクルマ用消臭芳香剤リサイクルプログラムに取り組みました。
Photo_20200804163201
徳島県の上勝町で、プログラムが実施されていたとは知りませんでした。しかも、5年も前に…!
次回も、サーキュラーエコノミーと「Loop」テラサイクル社について、お伝えしたいと思います。
(ideas for good参照)

2020年7月30日 (木)

【ライフスタイルのREデザイン】withコロナだから、今やれることって?!畑・土いじり?

withコロナで、リモートワークが増えて長くなった在宅時間。本来なら、通勤に充てていた時間や接待や仲間との飲み会になっていた時間が、自由な時間へと変化しました。しかし、長年当たり前だと思っていた働き方を急に変えようと思っても、そう簡単に変えられないかもしれません…

Img8506

散歩や読書をしたり、トレーニングをしても時間が余ると感じる人もいると思います。

そんな方は、仕事・副業やボランティアなどの新しい分野での活動に、トライしてみてはいかがでしょう?!特に男性の方々は、普段家に帰って寝るだけの生活を送ってきた人も多いと感じています。無理のない範囲で、地域と関わる何かにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

もちろん、家庭での子育て・家事に積極的に関わることも含まれます。

Img9558

テレワークになって、お父さんと子ども達が一緒に外で遊ぶ光景をよく見かけるようになりました。家でも、仕事をしている姿を子どもが見ることで、普段のお父さんとは違った一面を垣間見ることができます。

仕事で、知らない専門用語などを用いてコミュニケーションする、お父さんをとても頼もしく感じているはずです。お母さんの場合も同じです。仕事をしている時に騒いだり、忙しくて集中したい時には、イライラすることも多くあると思います。でも、メリットも必ずあるはず!

30e1e969f5af4a20a0ea68fa8145158e

私の場合は、ずっと準備してきた大きな案件がコロナの影響でなくなりました。しばらくの間は、がっかりして先のことを考える余裕などありませんでしたが、自粛期間に散歩やトレーニングすることで、心と体がリセットできたように感じています。後は、ベランダや畑での土いじりや、ボランティアで行った草刈りなどは、とても良い気分転換になりました。仲間との協力や対話、そして自然から、パワーをもらった気がしています。

 Img8523 

世田谷区の農園にて、、

Img8532

ピザ窯で、手づくりピザを焼いて楽しむ、、

Img8508

 

切り替えができたお陰で、新たなフェーズへとチャレンジする土台づくりを現在行っています。逆手に取って、withコロナだからできること、小さなことから目の前にある、今やれることに挑戦していくことが大事だと感じています♪

72bca807bdc64e5ca01537e13fa03326

 

«【ライフスタイルのREデザイン】withコロナで変わったこと…!

2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31