My H P & Business Blog

  • M. style|Interior Design
    収納を中心とした、インテリアをプランニング致します。 女性目線での住宅をご提案しています。

ライフ・デトックス!講座

株式会社サスティスを設立しました。

フォト
無料ブログはココログ

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年1月31日 (日)

「金曜日の妻たちへ」その後のストーリーは?

Dsc_4300_640x480
(撮影:たまプラーザにて)

「金妻」(キンツマ)ご記憶に残っている方もいる思いますが、1980年代にTBS系列で放送されだ連続ドラマ「金曜日の妻たちへ」のことである。東京郊外のニュータウンに夢のマイホームを持った、団塊の世代の男女が繰り広げる人間模様を描いたドラマ。『核家族の夫婦像として描かれた、新しいライフスタイル』が、女性に受け入れられて一種の社会現象とまでなった。

―― 理想の暮らしって、どんな暮らし? ――

一昨年前、研究テーマである「集合住宅のコミュニティ」について調査したり、関係する様々な情報を集めたり、地域のイベントやセミナーに積極的に参加した。

集合住宅と言っても全国にたくさんある、そこで都市近郊にある公団住宅にフォーカスすることにした。なかでも、「金妻」の舞台になった田園都市線沿線に注目した。なぜなら以前、つくし野駅周辺に住んでいたことがあった、それが選択理由の1つだ。

つくし野は、金妻のロケ地にもなった場所である。以前から『郊外の戸建に住む夢』を描いていたが、もしかしたら、このドラマの影響があったのかもしれない。環境のいい場所で子育てをしたいという要求は、その当時、私たち夫婦の共通の認識だった。

―― 理想と現実の暮らしとの違い ――

しかし、実際に引っ越した後と思い描いていた「ライフスタイル」とは、かなり違っていた。①どこにいくのも、車が必需。どこの商業施設も巨大で、必要なモノを探す時間・距離ともに長く掛かった。都心だとコンパクトにまとまり、品数も適度に限られていたが、郊外では品数が多すぎて選ぶのに一苦労した。

当時他には、②子育て中の同じ世代が周囲に少なくて、公園に行っても子ども連れの母親が殆ど居なかった。近所を散歩しても、人通りも少なく公園にも子どもが数えるほどしか、見あたらなかったのを記憶している。

郊外には、親世代だけが暮らし、子ども世代は利便性が高い都心のマンションに住んでいるため、ファミリー層が少ない。昭和42年に土地区画整備組合と東急不動産が協力して開発した地域になる。昭和52年から建築協約により、良好な環境を保つように街づくりを続けてきた。しかし、その一方で、環境を維持するために建築の規制(建ぺい率、延床面積、高さ制限ねど)が厳しくなり、その結果、外部からの若いファミリー層にとっては、高額となり住宅所得が難しい状況になっていた。

更に驚いたのは、③週末になると「市の広報課の車」が迷子になっている高齢者の情報を度々流していた。そして、引越しを決定した最大の理由は、④泥棒に入られたこと。主に①~④の理由から、私達家族の郊外移住計画は、早々に断念して中止することになった。

そもそも、「戸建に住む」こと自体、自分たちのライフスタイルに適応していなかったことが、暮らしてみて分かった。戸建は、窓が多いことで戸締り・防犯などの管理が負担になる。憧れだった庭も、年間を通して手入れに手間と時間が掛かる。周辺は、高齢者が多く早朝から活動的で、ゴルフを打つ練習音で毎朝目が覚めた...etc しばらくして、暮らしにくいと感じ、2年足らずで住み慣れたエリアに戻った。

―― 暮らしやすい街とは、どんな街? ――

Dsc_5049_640x480
(撮影:美しが丘にて)

このような経緯があり、田園都市沿線の郊外について、感心を持ち情報収集を進めた。2020年のオリンピック後に東京・神奈川の人口が減り始めると予想されていることで、私が体験したこと以外にも、様々な課題があると考えられる。例えば、人口が減少することで税収が減り、公共事業の新設工事ができなくなる。それだけでなく、建物・設備の老朽化で維持管理に対する費用は、年々増していく。他にも、行政サービスの低下などが考えられ、これまでのような、サービスを受けられない可能性が高くなる。

暮らしやすい街とは、どんな街か?それは、『弱者にとって、暮らしやすい街』であると考える。なぜなら、誰もが弱者になる可能性があるからだ。お金がたくさんあって、何不自由なく暮らしていても、突然病に倒れることもある。超高齢化社会を迎えて、自分も含め老いていくことは避けられない。高齢者だけの問題ではない。災害や防犯でも、誰もが弱者となり得る。若者に関しても、経済的な弱者だとも考えられる。毎日の暮らしで、多くの人が生活に不安を抱えていることは、「暮らしやすい街」とはいえない。

―― ご近所づきあいが健康に影響?! ――

近年、地域の絆や人とのつながりが豊かなほど、住民の健康状態がよいことが報告されている...

コミュニティについて調べ始めると、横浜市がオープンデータを活用して住民参加型のワークョップ&セミナーを開いたり、様々な取り組みをしていることが分かった。地域住民だけではなく、情報をオープンにして共有することで、外部の私も気軽に参加できた。このことがきっかけとなり、横浜市郊外の集合住宅の再生について、深堀していくことにした。

次回は、「マンションの一生とコミュニティ」について

2016年1月15日 (金)

心地よいと思える暮らしとは?

Dsc_5243_640x480


『今の暮らしを心地よいと感じていますか?』

心地よいと感じていない人は、何に原因があるのか?

①周囲の環境

②利便性

③地域・人とのつながり

④資産価値

⑤スペースの問題

総合的には、「ライフスタイルに合っていない」ことが考えられる。解決方法を整理して、3つに分類した。

1.自分の努力で改善できること

2.資金力で改善できること

3.両方(自分の努力・資金力)を用いても難しいこと(複数の人が関与している)

このように仕分けると1.2.に関しては、範囲にもよるがある程度、行動と決断さえすれば改善に向けて実行に移せる。

住まいに不満がある場合、一番簡単なのが住み替えになる。しかし、デメリットも考えなければいけない。賃貸にしても、所有のマンションにしても、引越しの費用はかなり高くなる。他には、近隣とのつながりが無くなる...etc

では、どうすれば「自分の求めるライフスタイルにあう暮らし」を手に入れられるのか?

例えば、「今より広い家に住み替えたい」その理由は?収納スペースが少ない、手狭だから...本当にスペースが足りないのか?物置スペースになっている部屋や不要なモノはないか?まずは、部屋全体の状況を客観的に確認する必要がある。それでも、ダメならリフォームや収納家具などを設置することで、クリアできる可能性がある。

他の理由で、住み替えを考えるにしても、まずは「モノを減らす作業が鍵」になる。

Dsc_5412_640x480

~庶民的な暮らしを求める・ライフスタイル~

Dsc_5304_640x480

~都会的な暮らしと自然の共存を求める・ライフスタイル~

これらを全て検証して、それでも住み替えを選ぶ場合は、次のステップになる。予算に応じた物件を探す。ここでも気を付けたいことがある。自分の希望のエリアで広い部屋を探すと予算オーバーしてしまう。

ここで判断が必要になるのが、「広さを取るべきか?」「駅からの利便性を取るべきなのか?」その結果、どちらを選択するか?判断を迫られる。資産性を考えるのなら、駅に近い物件をお勧めする。賃貸の場合は、駅から離れた方が家賃を抑えられるので、多少不便でも出費を抑えられる。利便性か、低コストか、広さか、何を優先するかを判断する。

Dsc_5233_640x480

~おしゃれな街の感性を享受する・ライフスタイル~

自分自身の「ライフスタイルを客観的に判断」したり、「どんな暮らしを求めている」のかなど、意外と気づきにくいものだ。もし、『今の暮らしに漠然と不満があるけど、どうすればよいのか分からない』、という人はプロに寄り添って話を聞いて貰えるサービスがある。不動産業者が、このようなサービスも行っている。しかし、中立・客観的な立場で相談に乗って貰えることが求められると考える。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.

これまでの経験で得た、『新築・リノベーション』から『片づけ』などのノウハウにより、あなたの困ったを親身になって解決へと導きます。

ご相談をご希望の方は、SNSにメッセージをお送りください。お待ちしています。

« 2015年12月 | トップページ | 2016年2月 »

2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31